山田式飛行船の特許図面

山田式飛行船の特許図面と、月末に発売する模型。
(明治44年特許第19607号、発明者山田猪三郎)
特許の図面はあくまでアイデア段階のものですから、
当時の新聞や残された実機画像を元に、
初飛行時の形状を突き止めていきます。
山田式飛行船の特徴は、逆三角形の気球部分ですね。
空中での転がり防止のためでしょう。
(サントスデュモンなど欧米の飛行船はたいてい葉巻型か、流線形)
山田式飛行船には独自のアイデアが詰まっています。
明日からは、模型のパーツを紹介しながら、
山田式飛行船の仕組みを解明していきます。

Airship patent 1911.
A patent drawing of Yamada-Shiki Airship No.1 and a model to be released at the end of the month.
(Meiji 44 Patent No. 19607, Inventor Isaburo Yamada)
Patent drawings are only at the idea stage,
Based on newspapers of the time and the remaining actual machine images,
Determine the shape of the first flight.
The feature of the Yamada-Shiki Airship No.1 is the inverted triangular balloon.
Probably to prevent rolling in the air.
(Western airships such as Santos Dumont are usually cigars or streamlined)
Yamada-Shiki Airship No.1 are packed with unique ideas.
From tomorrow, while introducing the parts of the model,
We will clarify the mechanism of the Yamada style airship.