山田式飛行船の仕組み 風船の巻

飛行船は大きく分けて2種類あります。
ツェッペリンなど硬式飛行船は骨組みに外皮を貼っています。
一方、軟式の山田式飛行船のは単なる風船です。
風まかせの気球に動力をつけて好きな方向に向かう。
これが気球から飛行船への発展でした。
模型では、中空の風船をレジンで再現。
上下はマグネットで、取り外し可能です。
実物も風船自体は頼りないので、中央部分が黒い帯で締めつけられています。
この帯は塗装で表現しました(塗装済みキット)

Mechanism of Yamada Airship
” Balloon ”
Airships can be broadly divided into two types.
Rigid airships such as Zeppelin have an outer skin attached to the skeleton.
On the other hand, the Yamada style airship is just a balloon.
Turn on the wind balloon and head in any direction.
This was the evolution from a balloon to an airship.
In the model, hollow balloons are reproduced with resin.
The top and bottom are magnets and can be removed.
Since the real thing does not rely on the balloon itself, the center part is tightened with a black belt.
This band is painted (painted kit)