初めて設計したパーツ

1996年に、初めて設計したパーツ。
1/48 フォッカーDr.1(A001) の胴体です。
「金属の折り紙」のコンセプトそのままに
1枚のパーツを指で曲げていくだけで立体になります。
昔の作品を組み立てるのは非常にストレスがかかります。
改良すべき点を見つけるのが怖いのです。
でもやってみると、それていた横道から戻してくれることもありますね。