金のエッフェル塔を作ってみました

ステンレスパーツに24金メッキ。

メッキをかけると、材料が固くなります。
そのため、折り曲げた箇所がポキっとちぎれやすいです。

作りながら、検証してみました。

まずは、脚の内部パーツ[2-1]

このツメが固い。取り付けたあとでは、ピンセットで曲がりません。
あらかじめ曲げておきます。

はめるのは難しくありませんでした。
で、奥のところをプチっと押すときっちり止まります。

ツメをさらに曲げますが、あまりきつく締めるとツメが飛んで(ちぎれ)しまいます。
しっかり締めるのは完成してからでもよいです。

次の問題はこれです。
折りたたむとちぎれました。
5種の飾り板のうち、[5-2]だけプチっとバラけます。

これは、ただ片方ずつ塔のミゾに差し込めばいいですね。
(実は最初の設計ではこのようにバラバラでした。
作業工程が2倍になるので発売前に一体化したのです)
注意としては、けっして2枚を接着しないこと。
ミゾがずれて接着された場合、はまらなくなりますので。

次に、[5-7]を下図のように12ミリほど切り捨ててください。

[5-6]と2枚重ねてはめ込むパーツなのですが、
メッキの厚みが約0.01ミリあります。
2枚で合計0.04ミリ厚みが増します。
途中までしか、はまりませんでした。

メッキパーツは滑りやすいです。
ピンセットでつかむと逃げますね。
指で押し込みましょう。
(このほうが感触が伝わってきて楽しいです!)

メッキの厚みの分、各パーツはきっちり止まってくれますが、
上図の青い部分に、接着剤を少量つけておくとさらに安心です。
コニシボンドのウルトラ多用途SUを使いました。
エポシキ系接着剤でもOKです。

広い面は金メッキが映えます。

メッキの分、全体に固くなっていますので、

最後がはまりにくい場合は、
この部分を指でそ~っと押してはめ込みましょう。

メッキが反射して、すごいディテールに見えます!

このツメは曲げやすかったです。
17ページの図9の説明で「ツメを奥にまわりこませると目立たなくなる・・」
とありますが、これ以上曲げると固くて横柱をゆがめてしまうでしょう。
そこで、余分な長さを切ってしまいますと、
スッキリ仕上がります。

ここが一番の難関か!
と思っていましたが、そうでもありませんでした。
むしろ良い固さでしっかり仕上がります。
ただ、どの部分も無理しないようにしてください。

で、唯一の問題が、、、。
らせん階段、丸めようとしただけでポキっととれました。
取ってしまってから、丸めて接着するという手もありますが、
最初から丸めないのが一番きれいかと思います。

エレベーターはうまく曲げられました。
裏側にセロテープを貼っておくと、もしちぎれても
正確な位置でつながっていますので、そのまま使えますね。

ホワイトメタル製の土台を金色に塗ってみました。
飾った感じ、悪くないです。

テストですので、
後ろ側の土台を金色に、前はホワイトメタルのままです。
金色に塗ってもシンナーで落ちますから、
お好みで仕上げてみてください。

ネームプレートももちろん24金メッキです。

E001G 1/1000 金のエッフェル塔 ¥35,000円(税別)


ご予約いただいた方には
設計者・岩見慎一からこんなプレゼントがあります。
ヱビスビール缶350ml×6本、ヱビスビール缶250ml×2本のギフトセット。

金のエッフェル塔
【 完全受注生産 】
・第一期しめきり 6月5日(金)までにご予約いただいた場合、父の日(6/21)までにお届けいたします。
さらに! 私からビールをプレゼント!(ご希望の方のみ)
・第二期しめきり 6月30日(火)までにご予約いただいた場合、7月末日までにお届けいたします。

ご予約は
エアロベース 公式オンラインショップ