ピンセットもいろいろ

お客様のリクエストで意外に多いのがエアロベース特製ピンセットの発売です。
どんなピンセットを買ったらよいかわかりませんものね。
ピンセットは市場にあふれていますからね、実店舗での販売が中心だった頃は
大型店のピンセットコーナーに場所をもらえなかったので発売しませんでした。
エアロベースコーナーだけだと目立ちませんからね。
(理由もいろいろでしょ?)

エアロベース製品向きは、ひとことで言うと、
「細いものより、薄いもの」
ものをつまんで移動するだけなら、細くて精密なピンセットがよいですが、
曲げる、押し込むなど力のかかる作業が多いと、もっと気楽に使えるほうが良いですね。
また、先端が「薄い」と、パーツの隙間に差し入れやすいのです。

どこでも入手できるピンセットとして推薦しているのは、2種類あります。

タミヤ ストレートピンセット

買いやすい価格で、1本持つならおすすめです。
当社E001 1/1000 エッフェル塔の付属品でもあります。
握り(バネ)はかなり固い方です。(しかも買ったときに1本1本、固さが違う、、、)
使っているうちにやわらかくなってきます。
当社のワークショップでは、年少者にやわらかく使いやすくなったものを
貸し出しています。

タミヤ デカールピンセット

税別1600円。模型作りを趣味として続ける方でないと、ちょっと高いですね。
マーク(デカール)の台紙をつまむためのピンセットです。
切手用ピンセットに近いですね。
S001 1/500 エッフェル塔の付属品です。
エアロベース製品では、特にリブを立てるのに最適です。


(画像はストレートピンセット)

デカールピンセットの握りはかなりやわらかくて
使いやすいです。
そのかわり指がかかる部分に厚みがあり、重いです。
表面はステンレスのまま塗装などしていないので
すべりやすいです。
足の上にでも落としたら大変ですね。
私は両面テープで革を貼ってすべりにくくしています。
こんなふうに。

ちょっとしたことですが、安全になった上、自分で手を加えることで愛着も出ますね。
自分に馴染んでくる、道具の楽しみでもありますね。

 

試作の段階で、設計が正しいかどうか調べるときはストレートピンセットを使います。
しかも利き腕とは逆の左手で作ります。
初めてのお客様と同じ目線で作ってみるためです。

ツル首ピンセットはどうですか?というご質問も多いです。
模型用ピンセットという専門的なイメージがありますね。
狙った位置をつかむのにコツがいりますが、
30分もあれば慣れるでしょう。

 

これはDumoxel No.7というツル首です。
用途は「電子・時計・研究所」と書かれています。
プラモデルだと1/700艦船向きでしょうか。

当社では、「精密さ」の演出に使います。

 

お値段ははりますが、個人的に一番よく使うピンセットはこれです。

KFI 幸和ピンセット
病院用ピンセット K-13 トゲ抜 130ミリ長
チタン製で軽い(14g未満)ので
長時間の作業でも疲れません。実は老後のために買いました。

ギザギザ付きは好きじゃなかったんですが、薄いパーツをミゾに入れてつかむと、
かなり力を入れて握ってもパーツを離しません。
ハンダ付けするパーツをつかんでおくのにも使っています。
床に落としたとき先端が折れました。作業内容によっては必要ないほど尖っていますので
2本目のものは最初から先端を1mm弱切り落として使っています。

K-13はステンレス製もあります。
チタン製より10gほど重いですが、強度があって取り扱いに気をつかいません。
繊細な作業から力のかかる作業までこれ1本で済みますので、
山の上にラジコングライダーを飛ばしに行くときに持っていきます。

 

年に1回(ひと握り)しか使わないものもありますよ。
そこは集めるのも趣味ということで。