山鹿の祭り

タイトルのお祭り、今年は中止となりました。

熊本県の北部に山鹿市というところがあります。
そこで開かれるのが山鹿灯籠まつり。
女性が頭に灯籠をのせて踊るイベントです。

ホームページより。
和紙と糊だけで作られた山鹿の伝統工芸品、「山鹿灯籠」。
その起源は、深い霧に行く手を阻まれた第12代景行天皇のご巡幸を、山鹿の里人たちが松明を掲げ無事にお迎えしたことに由来します。
以来、里人たちは行在所跡(現在の大宮神社)に天皇を祀り、毎年灯火を献上するようになったのが始まりとされています。
室町時代になると紙製の金灯籠に姿を変え、その後、金灯籠を頭に掲げた女性が舞い踊る「山鹿灯籠踊り」が誕生し、祭りの代名詞ともいえる千人灯籠踊りが生まれました。

https://yamaga-tanbou.jp/about/toromatsuri/

で、その山鹿灯籠振興会さまの認定品として、当社に金灯籠(かなとうろう)のキット制作の依頼がありました。

8/15・16日開催予定だった祭りが中止になったので
当社のお客様に向けて先行販売の許可が下りました。

真鍮製です。

予価3500円(税別)です。

※24金メッキもテスト中です。

作ってみたい!という方は多数いらっしゃれば生産します。