マクレディの1号機モハベ76

1976年に浮揚したポール・マクレディの人力飛行機1号機。
エアロベース H001 モハベ76を作ってみましょう。
地味な機体ですが、
たった6点のパーツの組み合わせ(接着剤不要)で、
パズル的要素が強いキットです。

 

こちらは実機画像です。
(Copyright Don Monroe, used with permission)

ふわっと浮いた程度の飛行だったようですが、
人力飛行機として適当な翼長などを導き出した重要な実験でした。

主翼は上面だけ透明なフィルム(ポリエステル?)で覆われていますね。
この後の機体は下面まで覆われているのが一般的です。

骨組みが特徴のエアロベース製品の中でも、立体的な部分がほとんどない機体で、
しかも接着剤不要という条件で、設計にはけっこうトライ&エラーの繰り返しでした。

 

できたのはこちら。

SUS430というステンレス製エッチングパーツで、
マグネットがつきます。

 

パーツの厚みは0.2mm。(マイクロウィングシリーズ等は0.3mm)
硬いステンレスでも、ふつうのカッターナイフでプチっと押し切れます。

 

翼リブを立てるだけで3D翼が完成。

こちらもひねるだけ。

 

一体型の張線。

4本のツメを互い違いの向きに折ります。

 

機体前方にマグネットがついています。

くっつく素材なのに、アラルダイトというエポキシ系接着剤で
ひとつひとつ貼り付けています(当社で)

そうしないと、
直径2mm、厚さ1mmですから、失くしますよね。

水平翼の真ん中にリブをひねります。

マグネットでプチっとつけます。
上下に動きますよ。

 

主翼と胴体の組み立て。ほとんど知恵の輪ですね。
この部分の工夫は、タネあかししないでおきましょう。

 

プロペラをつけます。

息をかけると、、、。

 

ネームプレート。スタンドを兼ねます。
アームの先端にもマグネットがついています。

板マグネット(両面テープ付)も付属します。
スタンドの裏に貼り付けます。

卓上モビールの出来上がり!
板マグネットが重しになって安定します。

そして、

こうやって、マグネットがつく金属板に吊るします。
(ブックスタンドや冷蔵庫に。あ、冷蔵庫のドアはそっと閉めてくださいね)

 

スタンドにつく部分には糸を通す穴が開いています。
飛行機模型らしく吊るして楽しめます。

が、金属模型を目の高さに吊るしてしまうと危ないですね。
ペーパークラフトなら、OKですが。
ご注意ください。