ミニモーターでクランクを動かして、翼を羽ばたかせるディスプレイモデルです。単3乾電池 2本で動きます。スイッチ付。

翼長128ミリ。手のひらサイズです。羽ばたき飛行機とタワーはネジで固定します。極小ネジと専用ドライバー(ねじまわし)が付属します。磁性つきのドライバーですからネジをつかまえやすくなっています。

コンパクトなパッケージ。フタがモーターとタワーを載せる台になります。

機体はステンレス製。といっても普通のカッターナイフで切り離せるよう、切り口の設計を工夫しました。機体のパーツ数はたったの8個。タワーは2個のパーツとミニモーター、クランクの組み合わせ。くわしい説明図が付属します。3時間くらいで完成するでしょう。

金属パーツを多用しているため、対象年齢は(一応)15歳以上としています。

 

【羽ばたき飛行機について】

1903年12月17日、アメリカのライト兄弟が人類初の動力飛行に成功しました。画期的だったのは浮力を得る翼と、動力を得るプロペラを分けたこと。

古来より、鳥をまねて翼を羽ばたかせることが「常識」でしたから固定翼は大きな進展でした。

でも「鳥のように羽ばたいて飛ぶ」のも、なんだか夢がありませんか?

現代では人力による羽ばたき飛行も成し遂げられています。

この模型は昭和10年代に学校教材として配布されたゴム動力模型を参考に、素敵なディスプレイモデルとして再現したものです。

 

発売日 2019年1月10日

キット価格 4,000円(税込4,320円)

原産国 日本

※ この商品はお客様が組立てるキットです

※ Amazon.co.jp様には当社の卸先様から出品されており、当社は直接出品していません。価格の変動や、発送までの日数、在庫状況 その他について当社は把握していません。